運動中の熱中症対策!知っておくべき予防と応急処置のポイント

皆様こんにちは!

三鷹駅より徒歩2分にあるPERSONAL TRAINING STUDIO U(スタジオユー)です!
運動は健康維持には欠かせない活動ですが、暑い季節には熱中症のリスクが伴います。
特に運動初心者の方にとっては、予期せぬ体調の変化に戸惑うこともあるでしょう。
そこで本日は、これから気温が高くなる季節を迎えるにあたり、運動中の熱中症対策について予防法や応急処置のポイントをお話ししていきます。

水分補給はこまめに行う

運動中の熱中症予防で最も基本的かつ重要なのは水分補給です。
汗をかくことで体内の水分と塩分が失われ、熱中症のリスクが高まります。
そのため、喉が渇いていなくても定期的に水分を取ることが大切になります。
特に、スポーツドリンクなど塩分も含まれている飲料は水分だけでなく失われた塩分の補給にも役立ちます。
運動前だけでなく、運動中、運動後も忘れずに水分を摂取しましょう。

適切な服装を心がける

熱中症予防のためには、通気性の良い服装を選ぶことが重要です。
暑い日には、汗を素早く吸収し乾燥させる機能性の高いウェアを着用すると良いでしょう。
また、直射日光を避けるために帽子をかぶる、UVカット機能があるウェアを選ぶなど紫外線対策も忘れずに行いましょう。
運動する時間帯によっては長袖で日差しを避けることも有効です。

暑い時間帯は避けて運動する

気温が高い時間帯は、熱中症のリスクが格段に上がります
できるだけ涼しい早朝や夕方以降に運動を行うようにしましょう。
また、日陰の多い場所や風通しの良い場所を選んで運動することも熱中症予防につながります。
無理に日中の暑い時間帯に運動を行わず、体調を第一に考えた運動計画を立てましょう。

適度な休憩を取りながら運動する

長時間連続して運動をすると、体温が上昇し熱中症のリスクが高まります。
運動中は適度に休憩を取り、体を冷やす時間を作ることが大切です。
特に、初心者の方は無理をせず、自分のペースで休憩を取りながら運動を楽しんでください。
できるだけ休憩中には、日陰で涼む、冷たいタオルで体を拭くなどして体温を下げましょう。

熱中症のサインを見逃さない

指を差す女性
最後になりますが、熱中症にはいくつかの前兆があります
めまい、頭痛、吐き気、異常な喉の渇き、体のだるさなど、これらの症状が現れたらすぐに運動を中止してください。
また、他人が熱中症のサインを見せていたら直ちに応急処置を行い必要であれば医療機関へ連絡しましょう。
応急処置としては、涼しい場所に移動させる、衣服を緩める、水分補給を促すなどがあります。
本日のテーマはいかがでしたか?
これからの季節、運動を楽しむためにも熱中症対策は非常に重要です。
水分補給をこまめに行い、適切な服装を心がけ暑い時間帯は避けて運動するなど、予防法をしっかりと実践しましょう。
また、熱中症のサインを見逃さず、万が一の時には迅速に応急処置を行うことが大切です。

\ 三鷹でパーソナルジムならPERSONAL TRAINING STUDIO U /

公式YouTubeチャンネルはこちらから!
体験トレーニングのお問い合わせはこちらからどうぞ!

よろしければこちらもフォローお願いします^^

執筆者:murata
プロトレーナーがあなたのお悩みを解決します!
プロトレーナーがあなたのお悩みを解決します!